SHARP・AQUOS(アクオス)の液晶テレビにはUV2A技術とLEDバックライトの効果により、高画質と省エネ性能の両方を実現させた機種が数多く発売されています。


以前、LEDバックライトの方式には2つあることを説明しました。
エッジライト型と直下型です。一般的には高画質を求めるなら直下型で、省エネ性能を求めるならエッジライト型と言われています。


アクオスでは、UV2A技術により直下型LEDの消費電力を抑えることに成功。
これにより高画質を保ちつつ省エネ性能も向上させています。


このUV2A技術とLEDバックライトの両方を搭載させたシリーズは、LB3、LV3、LX3、XF3、DR3、DX3、SE1があります。DZ3シリーズに関しては26V型以上の機種で採用されていますが、20V型はLEDバックライトのみ搭載。


ちなみに、4原色クアトロンも採用しているシリーズは、LB3、LV3、LX3、XF3です。


個人的にアクオスは、録画機能はいまいちな感じがしますが、映像の明るさや色鮮やかさは素晴らしいものがあるので高画質という点ではおすすめです。