SONY・BRAVIA(ブラビア)は、2011年2月から4月にかけて新製品を次々と発売しますが、ほとんどがスタンダードモデルです。


新高画質回路『X-Reality(エックスリアリティ)』を搭載した来月発売されるLEDバックライトと人感センサーを搭載させた3D対応モデルEX720シリーズの画質が気になるところですが、現在発売されているブラビアの機種のなかではHX900シリーズの画質が最も優れていると思います。


ブラビアにはHX900シリーズの他に、4倍速3D対応モデルとしてLX900とHX800の2つのシリーズがありますが、HX900はバックライトに直下型LED(部分駆動)を採用していて総合的な画質は最も良く、プラズマテレビに匹敵するぐらいのコントラストと4倍速効果で映像がクリアでなめらか。


3Dを視聴するための3Dメガネや3Dトランスミッターが別売りということで割高に感じるかもしれませんが、画質や機能を考えるとお得な価格です。


HX900シリーズは52V型と46V型が発売されています。
リビングに置くのに最適な液晶テレビだと思うので、家電販売店に行った際には画質を確認してみてください。