液晶テレビと一緒にブルーレイ/DVDレコーダーを購入する方も多いと思いますので、今回はソニーのブルーレイ『BDZ-AT700』をご紹介します。


この機種は2010年10月に発売されたもので、デジタルハイビジョンチューナー内蔵のHDD搭載ブルーレイディスクDVDレコーダーです。ハードディスクが500GBあり、2番組同時録画にも対応しています。


【BDZ-AT700の主な機能】
・3D対応
・0.5秒瞬間起動
・番組表一発予約
・X-おまかせ・まる録画
・らくらくスタートメニュー
・高画質回路CREAS3
・スカパーHD録画
・ソニールームリンク対応


CMでもお馴染みですが、この0.5秒での起動は魅力的ですよね。
どの家電製品もそうですが、起動を待つ時間は軽くストレスになりますからね。今までのレコーダーは早くても10秒程度かかっていたので素晴らしい技術です。


ソニーでは『BDZ-AT900』というハードディスク容量が1TBの機種もありますが、500GBでも469時間フルハイビジョン録画が可能。(ERモード録画時)


ネットでBDZ-AT700の口コミやレビューを見てみましたが、操作性とデザイン、ソニールームリンクという点について満足という意見が多かったように感じます。