Panasonic・DIGA(ディーガ)から、世界初の4番組同時録画機能を搭載した3D対応のブルーレイディスクレコーダー『DMR-BZT900』が登場しました。


ディーガ本体にデジタルチューナーを3つ搭載させているので、見たい番組が3つ同じ時間帯に重なっても録画することが可能。さらにスカパーHD対応チューナーとディーガをLAN接続させれば4番組同時録画も。


【DMR-BZT900の特徴】
・4番組同時録画
・HDD容量3TB
・15倍フルハイビジョン長時間録画
・100GBブルーレイディスク対応
・無線LAN内蔵


内蔵ハードディスクやUSBハードディスク録画などの機能が搭載された一体型の液晶テレビやプラズマテレビもいいですが、機能面を考えるとレコーダーを別で買うべきか悩みますよね。


DMR-BZT900は、もちろん『お部屋ジャンプリンク』にも対応しています。
お部屋ジャンプリンクとはパナソニック独自のリンク機能で、対応したVIERA(ビエラ)と家庭内LAN接続すると、別の部屋でもディーガに録画した番組を視聴することができます。


4番組同時録画ディーガ『DMR-BZT900』の発売日は2011年2月5日。
先ほど価格.comで値段をチェックしてみましたが、店舗によってだいぶ価格差があるので、購入を検討している方は価格比較を忘れずに。