デジアナ変換とは、地上デジタル放送をアナログ放送の電波に変換して送信するサービスのことです。


期間は限られていますが、2011年7月24日のアナログ放送終了後もアナログテレビを使い続けることができます。


今やひとつの家庭にテレビが数台あることは珍しくないですからね。家中のテレビを一斉に地デジ対応にするのは大変だし、なにより費用がかかる。とういうことで、暫定的なサービスとしてデジアナ変換されることに。


デジアナ変換のサービスは、ケーブルテレビやフレッツテレビなどの加入者や契約者が利用することができ提供期間は下記の通り。(この他にもデジアナ変換サービスを提供している会社はあります)


【J:COM】2011年7月24日~2015年3月末日
【フレッツテレビ】2011年春~2015年3月末日


家に数台のテレビがあって地デジの準備を徐々に進めたいという方や、アナログテレビを使い続けたいという方は、『デジアナ変換サービス』の利用について調べておくといいかもしれません。