HITACHI・Wooo(日立・ウー)の液晶テレビの上位機種では、S-LED(スリムブロックLEDパネル)が採用されています。この新型のLEDバックライトパネルですが、口コミなどの情報を見るとかなり好評価のようです。


S-LEDは、日立独自の光学技術を集結したパネルで、小さなブロックごとにLEDの発光をコントロールできるという特徴があります。


直下型とエッジライト型の特徴をもちつつ、それぞれの短所をうまくカバーしているという点で専門家からの評価も高い注目の技術。


以前、ご紹介しましたがLEDバックライトの直下型は画質優先、エッジライト型は省エネ優先といった感じで採用されています。直下型は価格が高く、エッジライト型は直下型より高画質を実現できないという短所がありました。


S-LEDは、エリア駆動にありがちな輝度のムラを大幅に改善、高いコントラストを実現させ高画質なうえ価格もそれほど高くない。


液晶テレビの購入にあたって直下型とエッジライト型のどちらにするか悩んでいる型は、日立のS-LEDも選択肢に加えてみては?