2011年2月20日にSONY・BRAVIA(ソニー・ブラビア)の新製品『CX400シリーズ』22V型(KDL-22CX400)が発売されます。32V型と2機種発売されれるようですが32V型(KDL-32CX400)については4月17日発売予定ということです。


【CX400シリーズの特徴】
・新高画質回路『X-Reality』搭載
・アドバンスト・コントラストエンハンサー
・人感センサー
・ブラビアネットチャンネル対応
・フルレンジスピーカーシステム
・S-Force フロントサウンド
・外付けUSBハードディスク録画対応


CX400シリーズは画質にこだわりつつ、人感センサーなどの便利な機能を多数搭載したコンパクトなスタンダードモデル。


『X-Reality(エックスリアリティ)』とは、映像を美しく再現するための技術で、近いうちに詳しくご紹介しようと思っていますが、ソニー独自の超解像技術搭載の高画質回路のことです。


今回の新製品CX400シリーズ22V型は、1人暮らしや寝室に置く2台目の薄型テレビとしては最適ですよね。コンパクトなサイズでブラビアネットチャンネルに対応していた機種は2010年2月に発売されたEX300シリーズくらいでしたから。価格によってはかなり人気がでそう。


ここに書いた特徴以外にも便利な機能が色々と搭載されています。
発売日までには全てご紹介していきますね。