LED液晶テレビには、エッジライト型と直下型という2種類のタイプがあります。主流はエッジライト型。ソニーのブラビアあたりが採用している方式です。


LED液晶テレビの購入を検討するとき、どちらの方式のテレビが良いか悩む方も少なくないと思います。個人的なおすすめはエッジライト型。理由は、エッジライト型の特徴が、『省エネ』と『薄型化が可能(=デザイン性)』という点において優れているからです。直下型はエッジライト型に比べてそのあたりが劣っています。


でも直下型のLED液晶テレビも当然販売されていますよね?
どうして省エネとデザイン性の向上を捨ててまで直下型にするかというと『高画質』が再現できるからです。


エッジライト型を勧める理由は、店頭で両方の映像を確認したときに、エッジライト型の映像が直下型と比べて劣ると言われるものの十分に高画質に感じたからです。


映像の見え方には個人差があるので、人によっては意見が違うと思いますが、店頭で見たくらいの画質が再現できるなら省エネ性と薄型化に優れたエッジライト型の方が個人的に良く感じる。


家電販売店に行った際にはLED液晶テレビの直下型とエッジライト型の両方のタイプを視聴してみてください。