地上デジタル放送に移行するとアナログ放送にはない『双方向サービス』という機能が使えるようになります。


双方向サービスとは、地上デジタル放送になることで使える機能のひとつで、アナログ放送のように放送局から送られてくる映像や音声をただ受信するだけでなく、視聴者側から放送局に情報を送ることができるサービスのことです。


クイズ番組など、今までは電話や手紙でしか回答を放送局に伝えることができなかったものが、双方向サービスによりテレビのリモコンを使って番組に参加することも可能に。


なにかと面倒な準備の多い地デジ移行ですが、2011年7月以降は、双方向サービスを利用した視聴者参加型の面白い番組が増えそうですよね。(現在は、あまり双方向サービスを利用した番組は放送されていない。)


ちなみに、双方向サービスを利用するにはインターネット接続が必要です。接続方法などが分からないという方は、薄型テレビを購入する際に店員さんに相談してみましょう。