MITSUBISHI・REAL(三菱・リアル)で目立つ液晶テレビと言えば、録画機能が充実した『録画テレビ』ですよね。テレビ番組を良く録画するという方にとっては理想のテレビです。


ブルーレイとハードディスクの両方を搭載したモデルは、BHR300、BHR400シリーズと続き、今回2010年10月に発売された3D対応録画テレビMDR1シリーズと好評なようです。


内蔵ハードディスクの容量も2010年3月に発売されたBHR300が『320GB』だったのに対し、MDR1では『1TB(1,000GB)』と増量されています。


BHR300シリーズは42V型(LCD-42BHR300)が現在も三菱のカタログに掲載されており各店舗で販売されていますが、型落ちのLCD-42BHR300を狙うより、新製品のMDR1シリーズを狙った方がお得な感じがしますよね。


サイズが若干小さくなるものの最新の三菱の技術が集結したLCD-40MDR1は、型落ちのLCD-42BHR300と比べて価格差が数万円ほど。新製品は今後どんどん価格が下がってくるので差は縮まる。


たしかに型落ちの価格は魅力ではありますが、機能や性能を最新のテレビと比較してから購入しないと後悔することになるかも。録画機能で液晶テレビを探しているという方はリアルの新製品『録画テレビ』も要チェックです。