2010年10月に発売されたMITSUBISHI・REAL(三菱・リアル)のMDR1シリーズをご紹介したいと思います。特徴はブルーレイとハードディスクの両方を内蔵しつつ、3D映像を楽しむことができるということ。


『録画テレビ』と宣伝しているだけあって、ハードディスクの容量は1TB(1,000GB)もあります。『10倍録り』の機能を使うとフルハイビジョンで約900時間の録画が可能なんだとか。


録画した番組はついついたまってしまうもの…。
これだけ容量があるなら容量不足で録画ができないなんてことは無さそうですね。


MDR1はその他の機能も充実しています。
フルHDはあたりまえとして、通常のテレビ放送の1秒間に60コマで流れる映像を、4倍の240コマにする『4倍速ピクチャー』や、その倍速技術に合わせて開発された『新ダイアモンドパネル』など三菱の最新技術が集結。


サイズは40・46・55V型の3機種。発売してからあまり時間が経っていないので、値下がりは期待できませんが、これだけの機能が搭載されているのは魅力かも。店頭に行った際には見てみてください。