SONY・BRAVIA(ソニー・ブラビア)には2010年6月に発売されたモデルでLX900というシリーズがあります。この液晶テレビは3D対応の4倍速モデルでバックライトはエッジ型LEDを採用しています。
エッジ型LEDとは?


他のシリーズと違い3Dシンクロトランスミッター内蔵、3Dメガネも付属されているので、魅力はなんと言っても3D映像の視聴だと思いまが、上位機種だけあって、その他の機能も充実しています。


フルHDなのはあたりまえとして、4倍速液晶にクリアモード(バックライトのオン/オフ制御技術)を搭載した『モーションフロープロ240Hz』や、私が思っていた以上に好評な人感センサー、主電源スイッチなども搭載。デザインはモノリシックデザイン(一枚岩のようなデザイン)


ブラビアで唯一、インターネットワイヤレス接続に対応している点も魅力の一つですよね。ワイヤレスLANが内蔵されています。


発売サイズが40・46・52・60V型と大きめなので、リビングなどに置くメインの液晶テレビを探している方には最適♪


今回のブラビアLX900に限ったことではないですが、ネット通販でも販売店によって価格はかなり違います。さっきネット検索してみましたが差額で他の家電が買えるほどだったので価格比較は必須です!