すでに、地上デジタル放送をご覧になっている方はご存知だと思いますが、地上デジを視聴するためには必ず用意しなければならないものが4つあります。


■テレビ
当然ですが、テレビがないと地デジは視聴できません。
地上デジタル対応のテレビかブラウン管テレビが必要です。


■地デジチューナー
地上デジ対応の液晶テレビやプラズマテレビなどを購入している場合には、すでにテレビに内蔵されているので必要ありませんが、ブラウン管テレビの場合には地デジチューナーが必要です。


■地デジアンテナ
アナログ放送は『VHFアンテナ』で、地上デジタル放送は『UHFアンテナ』です。
これに関しては、VHFアンテナを使って地デジを視聴できるようにしたり、UHFアンテナでも地デジの周波数に対応してないと視聴できなかったりと、ケースバイケースのようです。分からない方は専門家に相談することをオススメします。

ちなみに、室内アンテナも発売されていて、住んでいる地域によっては、これで十分地上デジタル放送を楽しむことができるそうです。


■B-CAS
地上デジタル放送を受信するチューナーに必ず必要となるICチップ内蔵のカードです。違法なチューナーを無くすための対策でテレビに同梱されています。
無くすと再発行できますが、有料なので紛失しないよう気をつけましょう。


以上の4つが地上デジタル放送を視聴するために必要なものです。
アナログ放送終了直前に慌てないよう、余裕をもって準備しましょう。