今年発売されたSONY・BRAVIA(ソニー・ブラビア)のNX800シリーズですが、なかなか好評のようです。魅力としては、やはりLEDバックライトと4倍速液晶を搭載したモデルだからでしょうか。


NX800シリーズはLED液晶で、方式はエッジ型LEDバックライトを採用しています。
これによりテレビの薄型化や消費電力を抑えることが可能に。


また、4倍速液晶とパネルにソニー独自開発の『導光板』を採用することにより、動きの早い映像にも強い、クッキリでなめらかな高画質を再現しています。


ソニーが独自開発した『導光板』とは、エッジ部分に設置したLEDの光をテレビ画面全体に均一に照射するもので、高画質や高コントラストを再現するための一部となっている技術です。


従来の液晶テレビの短所でもあった外光によるテレビ画面の『白ぼやけ』も、クリアブラックパネルで対応していますし、画質とデザインで薄型テレビを選ぶなら、NX800シリーズは候補のひとつに入れたいところですね。