前に地上デジタル放送とアナログ放送の違いについて少し書きましたので、今回は地上デジタル放送とアナログ放送の『電波』の違いについて簡単に書いてみたいと思います。


2011年7月に放送が終了するアナログ放送は連続した波形信号の電波なのに対し、デジタル放送は『0』と『1』の信号の電波で映像を受信させる仕組みをとっています。


この仕組みによって、地上デジタル放送は『ノイズ』が生じにくく高画質の映像が提供できるようになります。


アナログ放送は、電波が弱くテレビ画面に砂嵐のようなノイズが生じ映像が見えづらくなることがありますが、デジタル放送では砂嵐のようなノイズが生じることは少なくなります。


ただ、デジタル放送の場合でも、受信が安定していないと画面が真っ黒になり何も映らない状態になることはあります。


地デジへの移行は『電波の有効利用』が本来の目的ですが、それにともなって『放送品質を向上』させるもの目的となっています。液晶テレビやプラズマテレビを購入する前に、アンテナ設置など何かと面倒な部分はありますが、地上デジタル放送への準備はお早めに!