三菱のREAL(リアル)の液晶テレビには、世界初のブルーレイとハードディスクを内蔵したBHR300シリーズがあります。


ブルーレイドライブが『前面ディスクトレイ』といって、テレビ画面の正面下に位置していて使いやすく、ブルーレイディスクはもちろんDVDやCDも再生可能。


内蔵されているHDD(ハードディスク)も320GBあるので番組録画もたっぷりできます。ちなみに320GBはフルハイビジョン番組を約160時間録画可能。


ブルーレイを薄型テレビとは別に購入しようと思っている方や、ブルーレイとハードディスクの両方が使いたいと思っている方にはオススメの機種です。


機械の苦手な方にとっては、外部機器の購入や配線は面倒なものですよね。このBHR300シリーズなら一体となっているので、面倒な配線もなくテレビ周辺もスッキリします。


私の友人がリアルを愛用しているのですが、ディスクの出し入れはもちろん、リモコンもとても使いやすいそうです。文字も大きめで番組予約や録画の設定が分かりやすく快適なんだとか。


このBHR300は、42V型(LCD-42BHR300)、37V型(LCD-37BHR300)32V型(LCD-32BHR300)の3サイズ発売されています。


42V型は2010年3月に発売されたものですが、それ以外は2009年10月の発売なので、価格の値下がりが期待できるかも。