SHARP・AQUOS(シャープ・アクオス)の『SE1/SC1』ラインには、新開発された『ムーブセンサー』という機能が搭載されています。この機能は、液晶テレビ前の人の動きを感知して自動的に節電してくれるものです。


構造や使用されている技術に違いはあると思いますが、SONY・BRAVIA(ソニー・ブラビア)の『人感センサー』と同じような機能ですね。


シャープは業界№1の省エネ性能をアピールするだけあって、節電にはかなり力をいれている様子。ムーブセンサーと連動する機能として、照明を落したら自動で電源をオフにしてくれる『照明オフ連動機能』なんていうのも搭載されています。


その他にも節電に関する機能はいろいろあって、部屋の明るさに応じて画面の明るさを自動調節してくれる機能や、テレビの放送終了後に自動的に電源を切ってくれる『無信号電源オフ』。一定時間テレビの操作をしないと自動的に電源を切ってくれる『無操作電源オフ』なんていうのもあります。


省エネや節電、消費電力などのキーワードで薄型テレビ選びをしている方には、『ムーブセンサー』や『照明オフ連動機能』などの機能が搭載されたアクオス『SE1/SC1』あたりはおすすめ機種かも。