SHARP・AQUOS(シャープ・アクオス)といったら『亀山ブランド』ですよね。最近では『アクオス』という名称と同じくらい有名な言葉になっているような・・・。液晶パネルから液晶テレビまで一貫生産をしているのは、世界で唯一『亀山工場』だけですから、当然なのかもしれませんね。


シャープも『匠の技術』として亀山工場で生産された液晶テレビには自信を持っているようですし、液晶パネルとテレビの技術の蓄積によって開発・設計された最新のアクオスは高画質、高音質、省エネ性能と目を見張るものがあります。


アクオスのパンフレットを見ると分かりますが、『亀山ブランド』の紹介だけで1ページを使っているんですよね。商品をを生産している工場を、ここまでアピールするのも珍しい・・・。


亀山ブランド以外の液晶テレビも当然存在するわけですが、品質はどうなんですかね?同じアクオスなので極端に差はないと思いますが・・・亀山ブランドをここまでアピールされると、逆に亀山ブランド以外の液晶テレビが気になるのは私だけ??


今度、液晶テレビ売り場に行った際にでも、店員さんに聞いてみますね。何か面白いことが分かったらブログで紹介します。