薄型テレビを店頭で選ぶ際、フルHDと、そうでないハイビジョンのどちらにするか悩まれる方は少なくないと思います。


フルHDのテレビは、デジタル放送の信号をフルに表示できる『1920×1080ドット』のパネルを持っているいるもの。ハイビジョンのテレビはそうでないもの。


なんとなくフルHDを選んでおいた方が、高画質な映像が見られるような気がしますが、それは間違い。


高画質な映像の条件はパネルだけで決まるものではありません。各テレビメーカーの映像処理エンジンや色の再現方法など要素は様々。


同じ条件なら?と思われる方も少なくないと思いますが、今度はテレビのサイズによっても違ってきます。


液晶テレビあたりは、サイズが小さいものになると『フルHD』と『ハイビジョン』を比較してもほとんど違いがありません。逆に大きいサイズになるとフルHDの方が高精細な映像。


店頭で、『フルHD』と書かれていても全てが同じものだと思わす、自分の目で映像を確認してテレビを選ぶようにしましょう!