ソニー・BRAVIA(ブラビア)のW5シリーズには、52V型、46V型、40V型と3種類のサイズがあって、この『KDL-46W5』は中間の46V型にあたります。


この5Wシリーズの『売り』は、なんといっても『4倍速液晶』と『ダブルチューナー搭載』ではないかと。ブラビアの中でも、この2つの機能が揃っているのはW5シリーズだけ。


ブラビアF5シリーズは、4倍速液晶ではあるんですが、ダブルチューナーではないんですよね。


ちなみにダブルチューナーとは、デジタルチューナーを2機搭載しているもののことで、これによって、時間帯の重なったデジタル放送の番組を2画面で同時に視聴することが可能。


この機能は家電販売店に行って、店員さんに言えば実際に見せてくれると思いますので、興味のある方は確認してみてください。


46V型あたりのサイズになると、リビングに置くとカッコイイですよね。


【注意】
W5シリーズのダブルチューナーは、あくまでデジタル放送のチューナーが2機搭載されていて、それによって2番組同時に視聴できるのであって、アナログ地上波チューナーは1つしか付いてません。