SONY・BRAVIA(ソニー・ブラビア)で『世界初』として一押しされている機能に『人感センサー』があります。CMでもおなじみですよね。
これはテレビに人感センサーが付いていて、人がテレビの前からいなくなるとテレビが自動で消えて、戻ってくると自動でつくという機能。


調べてみたらセンサーの探知範囲は半径約3メートル、横アングル約30度、縦アングル30度と意外と広範囲。消画モードも5分、30分、60分から選べるとのこと。このセンサーの探知範囲なら、ソファなどの家具をあまり神経質にならないで設置することも可能ですね。


誰も見ていないのにテレビをつけっぱなしにしてしまう人・・・家族に一人はいたりしますよね?1日単位だとたいした金額じゃないんでしょうが、年間にすると結構な額なのでは?『節電』につながることを考えれば時代に合った便利な機能です。


ただ、個人的にはあんまり必要のない機能かも・・・。
テレビを消し忘れる時って、だいたいテレビを見ながら寝てしまう時なんで・・・。人間が寝てるが起きてるかなんて、さすがに機械では読み取れないでしょうからね。