最近のテレビは高機能なのは分かりますが、種類が多すぎて理解しづらいのが難点。そこで色々と薄型テレビの機能を調べてみることにしました。
まず最初は、液晶テレビの4倍速と倍速の違いについてです。


テレビ映像は停止画を連続して映すことで映像が動いて見えます。そして、その停止画のことを『コマ』と言って、通常のテレビ放送では1秒間に60コマで流しています。(60枚のパラパラ漫画を1秒間で見る感じです)


『4倍速』とは、通常60コマを4倍の240コマにしたもの。
『倍速』とは、通常の60コマを倍の120コマにしたもの。


なぜ倍速にする必要があるのか?
液晶テレビ特有の短所で『残像感』っていうのがあります。
これはスポーツなどの早い動きの映像を見ると、手や足の動きが2重にボヤけて見えることです。


倍速や4倍速にすることで、人の目が残像を認識しにくくなり『残像感』が減少します。また、同時に映像の動きが『なめらか』になります。パラパラ漫画の例で言うと、60枚の絵を1秒間にパラパラ見るより、同じ1秒間で見るなら枚数の多いパラパラ漫画の方が動きがスムーズに見えますよね?


現在はSONY・BRAVIA(ソニー・ブラビア)が世界初の4倍速を採用。その他のメーカーは倍速を採用しています。今後はさらに改良されて8倍や、それ以上も発売される可能性があるので新モデルにはご注意を!